子どもの視力悪化は、なんとか回復してあげたいですよね。

学校の視力検査で、子供の視力が落ちているという結果をもらってくると親としては、早めに視力を回復させてあげないといけませんよね。

 

また、すでに以下のような視力回復に取り組んでいて

  • 眼科医療機器・近視矯正器具・ワックをやってみた
  • ミドリンやミオピンなどの目薬の点眼
  • 目に良いと言われているサプリメント
  • 超音波治療器等の視力回復装置の使用
  • ピンホールメガネを使用した視力回復トレーニング
  • マジカルアイ(3D絵本)での視力回復法

などやってみたが、なかなか回復せず、困っている方へ。
高額なお金をかけることなく、子供の視力を0.8以上に回復させる方法をご紹介します。
視力が0.8以上まで回復すれば、メガネやコンタクトが必要なくなります。
将来お子様にレーシックを受けさせればいい、と思っている方は、早いうちに視力回復トレーニングを行えばレーシックもコンタクトも、メガネも必要なくなります。
お子様の視力を遺伝だからと諦めずに、まずは視力回復トレーニングを試してみてください!
当サイトでは返金保証のある安心できるトレーニングをご紹介しておりますので、興味がある方はまずははじめて見ましょう!
一日でも早い方が回復も早くなりますので、まずはお子様と一緒にはじめてみませんか?

 

お子様の視力回復!トレーニングキットランキング

 

1日たった5分でラクラク視力アップ!今なら限定価格、プレミアム特典付き!かわいいキャラクターと一緒に遊んでいるだけで大切なお子様の視力がみるみる回復してしまうんです!遺伝だとあきらめているあなた!わずか1ヶ月で0.2→1.0まですっきり回復!90日間以内なら全額返金保証なので安心して試してみてくださいね。

 

累計販売10000セット突破!!子供の視力回復トレーニング実績ナンバーワン!!たった2ヶ月で、視力を0.3から1.2までアップさせた方法を公開!トップアスリートも取り入れているアイ・トレーニングを行えば、あなたのお子様も0.8以上に回復させることが可能!試してダメだったら代金は返金してもらえるので安心して試してみることができるのでオススメです。

 

 

視力回復アイスマイル1.0は自宅でラクラク視力アップ!

視力回復アイスマイル1.0は、子供の視力に影響する生活習慣の問題などを充分に考慮したうえで、視力回復効果が高く自宅で簡単に始められ楽しく飽きさせないで続けられるということをコンセプトにしたノウハウが収録されているDVDです。
かわいいキャラクターを1日5分見るだけで、子供の視力回復につながります。

 

視力回復トレーニングは、子供が飽きずにできるかどうかが大きなポイントになります。
視力回復アイスマイル1.0は、どんな子供でも楽しく取り組むことができるトレーニング方法です。


  1. 簡単なこと。
  2. 楽しいこと。
  3. そして、視力回復効果が実感できること。

 

この3つのポイントが、アイスマイル1.0で視力回復するためのポイントです。

 

子供の視力が悪いのは「遺伝だから」と諦めていませんか?
視力回復は決して不可能ではありません。
子供の視力の低下は、「目」だけが原因ではなく、そのことに気づくと実は簡単に回復できる可能性があるんです。

 

ぜひ、諦めずに視力回復アイスマイル1.0をまずは1ヶ月試してみてください。
アイスマイル1.0には、90日間の返金保証がありますので、まずは試して見て効果があるかどうかご自身で確認してみてください。
子供の視力は実は親が思っている以上に簡単に回復できるかもしれません。

 

視力回復アイスマイル1.0のトレーニング内容

視力回復アイスマイル1.0は約30分のDVDによるトレーニング教材で、1日5分かわいいキャラクターと遊ぶだけで視力回復ができるトレーニング教材です。
1日たった5分で、しかもそんな簡単に視力が回復できるの?と不安な方、本来子供のための教材というのは、難しくややこしいものを長時間行うのではダメなんです。それでは子供が飽きてしまいます。
視力回復トレーニングは、毎日継続してトレーニングすることが一番大切です。
子供が毎日トレーニングするためには、簡単で短い時間で飽きないものでなければなりません。そのため、アイスマイル1,0では、1日5分、しかも簡単なキャラクターと遊ぶだけ、という子供が飽きない内容になっています。

 

また、アイスマイル1.0を購入すると以下の特典がついてきます!

視力を回復する様々な方法を伝授!

・目に良い生活習慣
・目と脳を元気にするトレーニング法
・目と頭がどんどん元気になる食生活

お子様の視力を回復するためのトレーニングや食生活、生活習慣についての情報を掲載したPDFをプレゼント!

 

視力回復アイスマイル1.0視力アップ法マニュアル

この視力回復プログラムのことをさらに詳しく知っていただいて、プログラムへの理解を深めるために特別限定サポートマニュアルをご用意。より高い視力回復効果が期待できるとともに今後のリバウンド予防にもつながります。

 

5,000円キャッシュバックプレゼント

今ならキャッシュバック条件を満たした場合、現金5,000円をキャッシュバック!

 

安心の全額返金保証

90日間プログラムを実践して少しでも効果が見られなかった場合、全額返金保証いたします。

 

365日間メールサポート

視力回復メールサポートが365日間、回数無制限でついてきます。
約1年の間、視力回復についてメールで相談することが可能。しかも回数無制限なので、わからないことなどを細かく質問することができるので安心です。

 

視力回復アイスマイル1.0は返金保証で安心

正直、視力回復トレーニング教材に不安を持っている方は少なくないと思います。
実店鋪がなく、教材のみとなると余計不安になりますよね。
そんな方のために、アイスマイル1.0は全額返金保証制度、しかも90日間もついています。
3ヶ月はトレーニングしてみないと回復するかどうか実際にはよくわからないので、3ヶ月の返金保証があるのは安心です。
効果について以外の不安でなかなか視力回復トレーニングを始められない方はこのチャンスにぜひはじめてみてくださいね。

 

子供の視力アップ-アイ・トレーニングの内容

 

 

まず、ヒモに通した距離の違うビーズを指定された順番で、5秒間ずつ見ていきます。

 

 

これにより、両目の動きの具合が自己診断でき、弱い部分を鍛えていくことで視力回復していきます。
主なトレーニングは、この他に4種類あり、いづれも子供が楽しく興味を持って集中してトレーニングをすることで、
子どもの視力がぐんぐん良くなり、効果が現れることで、さらにトレーニングを続ける、という好循環で進めることができます。

 

このような方法なので、何らリスクが無く、眼科などに通う必要が無く、自宅で行うことができるのです
また、「やってみたけど回復しなかった」という場合には、返金保証が付いているので積極的にチャレンジさせることができます。
この視力回復トレーニングでは、視力回復だけでなく、せっかく回復した視力を維持するための方法も用意されています。

 

視力回復インストラクター田中謹也による解説

 


ーー>動画は、こちら

 

早めの回復が重要!


一般的に、子どもの視力は仮性近視と呼ばれる0.7以上の視力なら、元に戻る可能性が高いと言われています。しかし、それ以上の症状である真性近視(視力0.7未満)になってしまえば、視力の回復は難しくなっていきます。

 

この視力回復トレーニングでは、視力0.3から1.2まで、たった2ヶ月でアップさせた実績があります。
しかし、子供の視力は、いったん落ち始めると、1ヶ月あまりで、0.3ぐらいまで一気に落ちてしまうこともあります。
視力は低下すればするほど回復しずらくなってしまいます。
だから、できるだけ、早めに回復させてあげることが何より重要なのです!
また、このトレーニング方法は、レーシックを受けて、しばらくして視力が下がってきた場合にも効果があります。

 

子どもの視力低下を防ぐ環境を作る

子どもの視力回復トレーニングでせっかく視力が回復しても、同じ環境で生活していてはまた逆戻り。
視力回復トレーニングを行いながら、日常生活でも視力が良くなるように環境を整える必要があります。

 

子どもの視力を回復させるための環境で重要なのは、食事と照明
特に夜間は手元が暗くならないよう、また寝るときは電気を消して暗くするようにすると視力の低下を防げるといわれています。

 

また食生活の中でもたんぱく質やビタミンやカルシウムなどは、目だけでなく子どもの成長のために大切な栄養素です。
特にたんぱく質は、眼球や水晶体・眼をとりまく筋肉の主成分になるので目に非常に大切な栄養素なんです。
他にも様々な栄養素が子どもの視力低下を防ぐ要素となっているので、子どもの体を気にするのと同じように、目の栄養についても考えて食生活を送ることも大切です。

 

子どもの視力回復トレーニング教材を選ぶポイントは?

子どもの視力を回復するためのトレーニング教材を選ぶ時は、子どもの視線で選ぶことが大切です。

すぐに飽きてしまう内容じゃないかどうか、継続するのが難しいのではないか、痛みや苦痛が伴わないかどうか、などが視力回復トレーニングの教材選びでは重要になってきます。

 

子どもはどうしてもイヤだと思うと二度と取り組んでくれません。
我慢させてやらせるのもひとつの方法ですが、できれば一緒に楽しくトレーニングをして視力が回復する方がいいですよね。
子ども一人が取り組むものではなく、親も一緒に取り組めるようなトレーニング教材なら、子どもの集中力も高まり、長く継続することができます。

 

子どもの視力回復トレーニングの教材は、どれも子どもが継続できるように工夫されていますので、その中で子どもが興味を持ったものを選ぶというのもいいと思います。
一緒に選んだ教材で一緒にトレーニングをすれば、子どもも毎日楽しくトレーニングできると思います。

 

子どもの視力低下 仮性近視と近視の違い

子どもの近視の場合、仮性近視の場合があります。
仮性近視と近視は同じようで大きく違う点があります。

・近視
遠くがみづらくなる
・仮性近視
調節緊張症ともいわれ、近くのものにピントを合わせすぎて筋肉が持続的に緊張してしまっている状態のこと。

子どもの場合、最初に視力が低下したときには、多くの場合はこの仮性近視の可能性があります。
テレビゲームや大型テレビ、スマートフォンやパソコンなど、最近の子どもは近くでものを見る環境が多くなり、長時間見続けることで筋肉が緊張し視力が一時的に低下してしまいます。
仮性近視は、アイトレーニングや目のストレッチなどで改善することが可能です。
しかし、仮性近視の状態で気がつかないまま放置しておくとそのまま近視になってしまうこともあります。

 

仮性近視を予防することで、近視も防ぐことができます。

  • 長時間近くのものを見続けない(テレビ、ファミコン、読書、勉強など)
  • 1時間近くのものを見たら休憩を挟み、遠くを見るようにする
  • 本を読むときは明るいところで読む
  • 近くのものを見た後は、遠くを見るようにする
  • 正しい姿勢を保つ

子どもはゲームなどをし始めたらどうしても長時間やってしまいます。
それを止めるが親の役目。
やってはいけない、というのではなく、休憩をしなさい、という言い方で遠くのものを見せるようにしましょう。
そうすることで、仮性近視も防止できますし、そのおかげで近視にまで至らずに済むことになります。

 

子どもの仮性近視は治ります。
早めの視力回復トレーニングと、生活環境を整えれば子どもの視力はアップします。

 

視力回復のためのアイトレーニングの種類


視力回復のトレーニングにはいくつか種類があります。

遠近トレーニング

近くの物と遠くの物を交互に見るトレーニング方法。視力回復トレーニングセンターやアイトレーニングセンターなどで最も多く実践されているトレーニング方法です。お金をかけずに簡単にできるのが特徴ですが、飽きっぽい子どもが続けて行えないところにデメリットがあります。

眼筋トレーニング

目の内眼筋と外眼筋を鍛えることで、目の筋肉をほぐし、目のピント調節機能を鍛えるトレーニング方法。
子どもでも楽しく続けられるキットが多く出ていることから人気のトレーニング方法です。眼球を動かすことでゲームやスマホを使いすぎることで焦点が合わなくなった目の筋肉をほぐすことでピントをあわせます。

明暗トレーニング

明暗を繰り返すことで目の筋肉を鍛えるトレーニング方法。毛様体筋という眼の筋肉を鍛えるためには、光を使って人工的に筋肉を動かすことが必要です。ゲームなどのブルーライトの光にさらされることが多くなった現代の子供にとって視力が低下する恐れのある現代っ子には大切なトレーニング方法です。

 

アイトレーニングには色々な方法があります。どの方法が最も効果的か?という風に考えるのではなく、どの方法が子どもが長く続けられるかということをしっかり考える必要があります。まずは自宅でできる方法であれば試してみる、キットが必要なものであればお試しセットや返金制度を利用して子どもがどれくらい無理なく飽きずに続けられるか確認してから本契約をするようにしましょう。

 

視力は眼科で回復するのか

子どもの視力が低下したことに気づいたら、まず真っ先に眼科を思い浮かべますよね。
これは実際正しい選択です。
視力が低下した原因を疑う際、まず最初に考えることは目の異常。何らかの病気などで視力が低下している可能性もありますので、まずは眼科に行ってみましょう。

 

眼科に行って特に問題がないとなれば、ちょっとした目薬や、もしくは何の薬も出されないこともあります。
「視力が低下しているのに何もしてくれないなんて」と思う親は多いんです。でも視力の低下は眼科では治すことはできません。
眼科はあくまでも目の病気を治療する場所であり、視力低下というのは病気ではなく自然現象と考えられています。
そのため、残念ながら視力低下は病院では治せません。視力低下を止めるためには、アイトレーニングが重要なんです。
視力回復トレーニング、アイトレーニングは、なるべく早い段階で行う必要があります。
早ければ早いほど、回復する確率はアップします。そして、継続すればするほどその確率もアップします。

 

眼科で何もしてくれなかったから、とあきらめないでください。子どもの視力はアイトレーニングで回復することができるんです。
ぜひ、お子様と一緒にどのトレーニングを初めて見るか、一緒に選んで見て下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴